育児と野球と私

3歳の娘とこれから産まれてくる赤ちゃんの話。その他野球観戦や日常のこと。

幼稚園 給食試食会

【2019年2月】

 

今日は給食試食会です

希望者は1食324円支払って

試食ができます

 

娘が通う幼稚園は

月火木金がお弁当

水曜日が給食です

 

私と娘で2食注文しました

 

大学の中にある幼稚園なので

大学の学食で給食を作っているそうです

 

今日のメニューは

 

カレー

コールスロー

オムレツ

バナナ

 

です

 

幼稚園とはいえ

「給食」という響きに

母の私が一番ウキウキ♡

 

とっても美味しかったです

 

案の定、少食の娘は

ほとんど食べずに残し

私が2食分食べることに、、、

あっ、バナナは奪われ

2つとも娘が食べました

 

学食の方がサービスで

大人の人が食べるからと

子供サイズよりも多めに

よそってくれていたそうで

私のお腹はパンパンです笑

 

これから娘は

幼稚園、小学校、中学校と

給食にお世話になるんですね

 

いいなぁ(^^)

 

 

いちご狩り

【2019年2月】

 

毎年恒例

いちご狩りの季節です

 

自宅から車で30分くらいの

いちご園にいつも行っています

 

5から6くらいの品種のいちごを

食べ比べできるのです

 

妊娠してから

お菓子やスイーツなどの甘いものは

苦手になったのですが

フルーツは逆に普段あまり食べないのに

すっごく食べたくなります

 

特に季節のフルーツ、美味しいですね

 

最近はいちごばかり食べていました

 

ここぞとばかりに

食べまくろうと思っていたのですが

妊娠中のせいか

歳のせいか

すぐお腹がいっぱいになってしまいました

 

娘も

フルーツは大好物なので

たくさん食べていました

 

娘はいちご狩りに行くのは3度目でしたが

今年は自分で取って食べることができました

 

とっても楽しそうで

良かったです

 

あとあと

ネットの質問コーナーみたいので

たまたま見たのですが

 

妊娠中、あまりいちご狩りは良くない

と言われているんですね!?

 

トキソプラズマが、、、とか

農薬が、、、とか

書かれていました

 

まったく気にしていませんでした(^_^;)

「妊娠」 〜中期編⑤〜

【2019年2月】

 

21週から24週

 

頭痛も週に1、2回くらいに減っていきました

 

ゆっくり歩いて15分くらいの公園に

おにぎりを持って遊びに行ったりしました

 

腰痛と坐骨神経痛のような痛みが

出る日がありました

 

長時間同じ姿勢で座っていたりすると

症状がでるようです

 

左側のお尻からモモにかけて

痺れるというか痛くて力が入らないかんじで

歩行困難です

 

手すりにつかまってゆっくり歩きます

 

片足で立つことが辛いので

洋服を脱ぐのが大変でした

 

階段も辛いので

手すりに頼って

今度は腕が筋肉痛です

 

体がガタガタですね

 

でも、常にというわけではないのが

救いです

 

なるべく長時間座ったり

足を組んだり

同じ体勢でいないようにすることで

ある程度予防できます

 

産後整体に行った方がいいのかなぁ

幼稚園 保護者会

【2019年1月】

 

幼稚園の保護者会です

 

子供は保護者会の間、お部屋で先生が預かってくれます

 

受付を園庭で済ませ

室内履きに履き替えてるあたりから

娘は疑心暗鬼

無言で私から離れません

 

「靴を脱いで」

と言っても脱がないし

「上履き履いて」

と言っても履きません

 

何かを感じ取った様子です

 

教室に入りました

たくさんオモチャが用意されています

 

名札を付けたいので

上着を脱ぐように言っても

頑なに脱ぎません

 

仕方がないので

上着のまま名札を付けました

 

「ママここにいててね」

「ママここにいててね」

しか言いません

 

知り合いの親子が受付に見えたので

どの教室だったか聞きに行くと

違うお部屋でした

 

娘の様子を見ていた先生が

「お友達、同じ教室に出来るか聞いてきますね」

と気を利かせてくれました

 

よく一緒に遊ぶお友達なので

少しは安心できるかな?と思いましたが

私が教室から出ると

ドアに張り付いて泣いていました

 

泣いている子は

この教室では娘だけのようでした

 

ホールに集まって保護者会開始です

 

保護者会といっても

入園説明会のようなものです

 

園長先生のお話や

園のルール、

これから入園までに準備するものなどの

説明を聞きました

 

娘が泣いて連れて来られるんじゃないかと不安で

入り口が気になりました

 

保護者会は、1時間もかからなかったと思います

 

教室にお迎えに行くと

もう泣き止んで遊んでいました

 

一安心です

 

先生に聞くと

はじめは先生のお膝でシクシクしてたらしいのですが

先生とお話ししたり

徐々に遊べるようになった

ということでした

 

折り紙でチューリップをたくさん作って

プレゼントしてくれました

 

以前、1時間くらい託児所に預けていた時

はじめから最後まで号泣だったので

そんなイメージでしたから

途中から遊べたなんて

まずまず合格ラインでしょう!

 

その後

注文していた園服類やお道具類の引き取りをして

帰ってきました

 

 

「妊娠」 〜中期編④〜

【2019年1月】

 

19週から20週あたりは

だいぶ体調の良い日が多くなりました

 

体調の良い日は

娘とスーパーに買い物に行ったり

公園に行ったりしました

が、帰ってくるといつも疲労でぐったりです

 

まだまだ体力が回復していません

 

この期間、

頭痛になることが多々ありました

 

アイスノンで冷やしたり

ホットマスクで目や首を温めたり

カフェインが頭痛を和らげると何かで調べて

朝はカフェイン入りのコーヒーを飲んだりしていました

 

健診の時に

頭痛薬を処方してもらっていたので

ひどい日は薬を2錠のところ、1錠飲んだりしました

 

肩こりも辛かったので

旦那さんに肩もみしてもらうことも

多かったかな

 

まぁ、つわりや胃腸炎に比べたら

というか比べ物にならないくらいなので

少しの頭痛くらい

大したことじゃありません

 

絶好調!!というには

まだかなというかんじですが

かなり良い傾向です

「妊娠」 〜告知〜

【2019年1月17日】

 

【健診編⑥】の続きです

 

スクリーニングのあと

だいぶ待ち時間が長かったですが

医師の診察に呼ばれました

 

第一子の時の記憶だと

スクリーニングをした日は

医師はエコーをしなかったと思ったのですが

 

ベットに横になってと言われて

またエコーがはじまりました

 

無言でじっくり同じところを見ています

 

端の方に心臓も見えていましたので

やはり心臓に何か問題が!?

と思いましたが

 

そしたら、もっと中心で見るよね?とか

いろんなことがグルグル、、、

 

しばらくして、先生が

「あるような、ないような、、、」

と呟きました

 

な、なにが!?

早く教えてー!!状態です

 

「スクリーニングの時、何か言われた?」

と聞かれたので

「いえ、何も」

と答えました

 

「唇が裂ける病気があってね、その疑いがあるみたい。口唇口蓋裂って言うんだけどね」

 

なんとなく、その病気のこと知っていました

 

きっと第一子妊娠中

色々調べていて

たまたま知っていたのだと思います

 

私は

「はい」と言って、なぜか冷静でした

 

看護婦さんと先生が

「ちょうがい」

と言っているのが聞こえました

 

先生が

詳しく見なくちゃいけないので

医大の超音波専門医の診察を受けましょう

と言いました

 

私の通っている産院に

その専門医が月1で外来にくるようです

 

次回は2月23日になっちゃうんだけど

その日で予約していいかな?

と言われて、予約を入れてもらうことにしました

 

口唇口蓋裂の疑いの他に

心臓などには今のところ異常はなかったようです

赤ちゃんの大きさも週数相当ということです

 

私は

「あぁ、だから心臓をあんなに長時間見ていたんだ」としっくりきました

 

 

あと、初期の頃に受けた血液検査で

甲状腺の数値が高いのか低いのか

もう一度採血しますと言われました

 

医師の診察を終え

待合室の旦那さんのところに行って説明をした時

やっぱり動揺したのか

声が震えて涙目になりました

 

旦那さんは口唇口蓋裂のことを

あまりよく知らなかったみたいです

「でも、まだ確定じゃないんでしょ」

「大丈夫、大丈夫」

と言っていました

 

その後、採血をして

超音波外来の予約をしてもらうために

看護師さんか助産師さんか女性の方と部屋に入りました

 

「大丈夫?」と優しく声をかけてくれました

「今は手術をすればわからないくらいキレイになるから」

「無理かもしれないけど、色々調べない方がいいよ」

と言っていました

 

「今後、このことで何か連絡があった場合は

検査室に連絡してね」

と。

 

強がっているのか

まだ実感がわかないのか

また私はとても冷静でした

 

 

「妊娠」 〜健診編⑥〜

【2019年1月17日】

 

19週の健診です

私の通う産院は

スクリーニング検査というものが

20週あたりの中期と30週あたりの後期にあります

 

今日は中期スクリーニング検査の日です

 

通常の健診だと予約をしていても

ある程度待ち時間があるのですが

スクリーニングは、予約時間ぴったりに呼ばれます

医師ではなく、検査技師の方が

エコーをしてくれます

 

頭から順番に

説明をしながら詳しく見ていきます

 

いつもは娘はパパと待合室で待っているのですが

赤ちゃんを見てみたいとのことで

パパも娘も一緒にエコーを

見ています

 

一通り見終わって

態勢が見づらかったから、と

心臓を再度見ていました

 

かなり時間をかけて

途中横を向いてと言われて

横向きでエコーをしました

 

きっと初めての妊娠で

初めてのスクリーニングなら

詳しく見るものなんだな

くらいの感想かもしれませんが

私は第一子の時の記憶もかすかにあるので

 

「こんなに長く見たかな?」

 

と少しだけ疑問に思いました

 

ですが、

本当に赤ちゃんが見づらい態勢だったのかな

とも思えたので

そこまで気にしていませんでした

 

最後に

他に見たいところはあるか?と聞かれたので

ついに「性別」を聞いてみました

 

もう一度

お尻の方のエコーをして

 

「確定ではないけど、女の子っぽい」

 

と言われました

 

旦那さんと娘は女の子希望だったので

うれしそうにしていました

 

私も姉妹の方が将来いいかなと思っていたので

うれしかったですが

男の子育児にも少し興味があったので

少し残念のような、、、

でも家族が喜んでるし

同性ならお下がりも使えるし

やっぱり女の子、うれしいです

 

スクリーニングが終わった後

通常の医師の診察があります

 

この続きは【告知】で書きたいと思います